線路に鹿がなぜ?理由は鉄分補給のため対策は

ニュース・話題

今回は線路に鹿がなぜ?理由は鉄分補給のため対策はということについてお伝えして行きたいと思います。

線路に鹿がうずくまり、動けなくなっていたというニュースがありましたね。

もっと、早くなんとかして上げられなかったのかと、胸が痛みました。

そこで今回は、線路に鹿がなぜ入ってしまうのか理由なども含めて調べてみました。

埼玉県の東武東上線の線路内で、動けなくなっていたシカの捕獲作業が行われたそう。

鹿は、10月13日午前0時17分に電車と接触したとのことで、足に怪我をしたため動けなかったようです。

駅員が近づいても動く気配もなく、鹿はかなり辛そうでしたね。

近隣の方も心配で見に来られていたそうですが、現場は5分に一回は電車が通るような場所なのだそうで、きっと見守ることしかできず残念だったことと思います。

鹿は発見から4日目にして捕獲作業が行われ、線路内から運び出されました。

その後、鹿はどうなったかの情報はまだないのでわかりませんが無事に怪我を治して山へ帰れることを祈るばかりです。




スポンサーリンク

線路に鹿がなぜ?

ニュース番組で記者から質問されていた近隣住民は「5年近く住んでいるが鹿は初めてみました」と答えられていました。

埼玉県の東武東上線の辺りは、公園や茂みなどがあるものの家もたくさん建っており車通りの多い住宅街なんだそう。

それなのに線路に鹿がなぜ入り込んでしまったのか、調べた情報を元にお伝えしていきたいと思います。

電車と鹿の接触事故

動物との接触事故が全国的に多発しているようです。

タヌキやキツネ鳥などの小動物、そして特に多いのが鹿なんだそう。

なぜ鹿なのか?

タヌキやキツネ鳥などの小動物は通路として線路を渡る時に衝突してしまうのに対して、鹿は線路を目的としてやって来るそうです。

何のために?

鹿が度々、線路を舐めているのが目撃されているのだそう。

その理由は鉄分の補給にあるようです。

電車が走った後は線路が摩擦で削れるため微細な鉄粉が線路についています。

その鉄粉を舐めに鹿が来てしまっていたんですね。

本来であれば、鉄分の補給はどんぐりで補っている鹿ですが、近年のどんぐりの不作が原因のひとつとして影響があるようです。




対策はないの?

鹿の嫌うライオンの糞尿を薄めたものを線路に撒く・柵を設置する・鉄分配合の鹿用サプリメントを設置する・スズメバチの羽音、体臭のする装置を設置するなど。

調べてみるとたくさんの対策がありました。

しかし、この中ではライオンの糞尿を薄めたものを撒く、高い柵を設置する、は効果はあるものの根本的な解決にはならなかったそう。

効果の高い対策は?

鉄分配合の鹿用サプリメント

高い柵の半分ほどの柵

スズメバチの羽音、体臭のする装置

どうして効果があるの?

調べてみると、鹿の生態をよく理解して作られたものだということです。

まず、鹿用サプリメントは鹿が鉄分を求めて線路に入ってしまう前に獣道、食痕、足跡、フン等の痕跡が確認される場所を目安に設置し、生活環境へ侵入してくるシカを本来の野生環境へ誘導することで線路内に来させないようにするそう。

鉄分を別の場所で取れれば、線路まで来る必要がなくなるということです。

低い柵にも理由があり、鹿というのは下を向いて歩くそう。

意外ですが、むやみやたらに飛び跳ねないのだそうです。

高さは危険を感じれば柵を飛び越えて逃れるように低くしてあるんだとか。

高い柵では逆に逃げ場を失った鹿が電車とぶつかる危険が増えてしまうとのこと。

スズメバチの装置野生動物がスズメバチを恐る習性を生かし開発されたそうです。

この装置は、ハチの羽音や体臭を配管を通して避けたい範囲に送り出してくれるそうです。

鹿をよく知ることで対策の答えが見えたんですね。




まとめ

線路に鹿がなぜ?理由は鉄分補給のため対策はというお題でお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

線路に鹿が鉄分をとるために来ていたとは、驚きでしたよね。

鹿肉って、だから鉄分が多いのかと納得です。

そして埼玉県の東武東上線の線路内にいた鹿も鉄分を求めて来て事故に合ってしまったんだろうと思いました。

これからも鹿の生態や習性を理解し対策をして電車と鹿との接触事故が起こらないことを願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄分配合のシカ用サプリメント

線路に入ってしまう前に獣道、食痕、足跡、フン等の痕跡が確認される場所を目安に設置し、生活環境へ侵入してくるシカを本来の野生環境へ誘導することで線路内に来させないようにしているんですね。

また、従来の高い柵の半分の高さで鹿の生態に特化した柵を設置することも合わせてダブルで対策しているようです。

全ての線路でこのような対策をしているとは限らないですがとても有効だと

 

 




まとめ

線路に鹿がなぜ?理由は鉄分補給のため対策はというお題でお伝えさせていただきましたがいかがでしたか?

鹿が鉄分補給のために線路に来ていたことについて驚かれた人も多かったのではないでしょうか。

また鹿の生態をよく調べて、恐がらせて寄せ付けない・入らせないの発想から鹿用サプリメントなるものを使用して線路で鉄分補給させないことを考えるとはなんて優しい対策なんだと感動しました。

これからも電車と鹿の衝突事故が減っていくことを願うばかりです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました